マンガで夢をつかむ!! 完全無料のごちゃまぜWEBコミックサイト
検 索
カテゴリーから選ぶ
フリーワード
新 着

ゴエモン三択

著者:
用宗四朗


五右衛門はなぜ、処刑中に我が子を高温の釜の底に沈めたのか?
ゴエモン三択
  • 6
    拍手
  • 2
    コメント
  • 0
    お気に入り
更新日:2018年4月26日

『全壱話』
スマホはコチラ (専用のアプリが必要になります)
iPhone用 Android用

あらすじ

処刑中に五右衛門は、高温の釜の中に我が子を沈めるという行為に及ぶ!!
その行為の解釈として2つの説が主張され、2人の見物人「金兵衛」と「弁八」は激しく言い争う。

※拍手は一日一回までとなります。
※ログインをしていない場合は承認制(マンガごっちゃ編集部管理)となります
  • 2018/05/02 用宗四朗

    コメントありがとうございます。自分も富士山は岩の景色も綺麗だと思います。おそらく心に闇を抱えて生きてきたであろう登場人物Gさんには、そういう感じ方しか出来なかったんでしょうね。

  • 2018/04/28 ゲストさん

    仲々面白かった。子殺しの新解釈というには創作が過ぎるが、漫画としては引き込まれるストーリーだった。まあ、自分は富士の岩礫だって醜いとは感じないんだけど



この漫画の作者

著者:
用宗四朗
子供の頃に親から聞いた、石川五右衛門は(①熱さに耐えかねて踏み台とする為に・②熱さに苦しむ様子を見て早く楽にしてやろうと)処刑時に我が子を沈めた。という「どっちが正解なんだ?」的な伝承が鮮明に記憶に残っており、こんなお話しにしてみました。
初めてデジタルで描いた作品です。いろいろ不備がありますが、お暇な時にでもお読みください。

この漫画のカテゴリー:
青年漫画ランキング
新作
新着