トップページ>コンテンツ情報

蒼い世界の中心で 完全版とは

ストーリー オブ 蒼い世界の中心で 完全版

戦乱続く架空の大陸「コンシューム」

コンシューム大陸では、大陸の覇権(シェア)をめぐり永きに渡りニンテルド帝国とセグア王国が激しく争っていた。

「炎帝 マルクス」率いる強国ニンテルド帝国は、マルクスを筆頭に特殊能力を持つ優秀なキラーを多数有し、瞬く間に大陸の覇権(シェア)を席捲。
近隣諸国をも傘下に収め、コンシューム大陸最大勢力となる。

一方、有効な打開策を見出せないセグア王国は防戦一方な展開になりつつあったが、主人公ギアを中心に、美しき狩人"オパール"やラムセス副将軍、神の落し物と呼ばれる強力な助っ人傭兵"テジロフ"達の活躍により「青き瞳」の王国セグアと「赤き瞳」の帝国ニンテルドの戦局は変わっていく…
単行本情報はコチラ

この「蒼い世界の中心で 完全版」というコミックスは…

この「蒼い世界の中心で 完全版」というコミックスは、インターネット上で公開され瞬く間に数百万アクセスを誇る人気WEBコミックとなった「蒼い世界の中心で」(作画:クリムゾン 原作:アナスタシア・シェスタコワ)をWEB及び同人誌で発表された全べてのページに加筆修正を行い、更にシナリオに深みを持たせるために、一部設定の微調整などを施して「完全版」として満を持して商業単行本化した書籍です。

本書の世界観はもちろんのこと、登場するキャラクターや舞台設定など、その全てが某業界を元ネタとして描かれております。

あの有名なキャラクターや舞台設定などなど、または、超マニアックな元ネタをベースに、絶妙な世界観のミックスと熱血少年コミックを彷彿させる作画・シナリオ展開は単なる某業界の元ネタパロディコミックという枠では決してなく、シンプルかつ王道なバトル冒険物語でありながら、次々と登場してくる魅力的なキャラクターの織り成す人間模様とそれぞれの熱い思いがこれでもかと伝わってきて、セリフのひとつひとつがズンズンと心に響く、業界への愛がほとばしる群像劇であります。

同人誌界で超人気作家クリムゾンが描く本気で熱いWEB漫画が、ファンの期待に応えて、全ページ加筆修正を行い「完全版」として満を持しての商業単行本化!
某業界好きユーザーだけではなく、すべてのコミックファンに是非にも読んで頂きたいコミックスです。

WEB版と完全版との違い

「蒼い世界の中心で」はWEB上で連載されており、WEBをそのまま本にまとめた同人誌版もある。
ただ、今回の商業単行本では、全ページ加筆修正を行い、ストーリーの一部変更などにより、より一層楽しめるものとなっている。

 

登場人物

セグア勢
ギア - 青い音速 -
「踏み出せ! 前へ! もっと早く!」
ツンツン立つ青い髪が特徴の主人公。足が速い。ある出来事を機に前を見つめ、世界の中心へと走り出す。
 
ネル - ギアの義妹 -
「お兄ちゃん…私も行きたい…」
ギアをお兄ちゃんと呼ぶが本当の兄妹ではない。紫の長髪が似合う素朴な少女。興奮すると耳が立つ。
 
オパール - 美しき狩人 -
「やだよ。」
軍でトップクラスの実力を持つハンター。ツインボムと呼ばれる巨乳を持ち、勝ち気な性格で、「やだよ」が口ぐせ。
 
ラムセス - セグア副将軍  -
「彼となら創れる、セグアの時代を」
オパールとは対照的に優しく母性的。ギアの才能に目をつけ、彼をセグア軍に引き入れる。宝石集めが趣味。
 
ニンテルド勢
マルクス - 炎帝 -
「天に任されているのは我々である」
配管工からニンテルドを束ねる存在にまで成り上がったニンテルド帝国の王。ヨズーというトカゲのペットを飼っている。
 
グリージ - 王弟 -
「今回の主役はオレだぞ!」
マルクスの弟で兄に引けをとらない身体能力をもつが、精神力やカリスマ性に劣る。特にブレーキが利かないのは致命的。
 
ゼリグ - 全ての謎を解くもの -
「ゲームってのは楽しんだほうが勝ちなんだよ」
ニンテルド6将軍の筆頭であり、コンシューム大陸一の頭脳をもつ天才剣士。あらゆる道具を駆使して闘う。左利きで牛乳が好き。
 
カーヴァイ - 無限の力を持つ戦士 -
「ぽよ~☆」
相手の技を完全にコピーできる力を持つニンテルド6将軍のひとり。何でも吸い込むその力は無限大だ。大食らいでどんどん食べる。
 
テジロフ - 神の落し物 -
「俺の棒を入れてやるよ」
他大陸から雇われた最強の傭兵。下ネタ連発の下品な男だが芯はまっすぐ一本通っており、ギアに戦いを教えていた。
 

作家紹介

原作:アナスタシア・シェスタコワ
こんにちはアナスタシアです。
このお話は戦争を扱っているストーリーではありますが壮大な世界観や緻密な設定などはあまりなく戦争ものとしては物足りない部分もあるかと思います。

戦争ものというよりは狭い範囲の人間ドラマ。
または人によってはギャグマンガとしてとらえてもらっても良いのではないかと思います。
随所にネタをちりばめていますので。

読んでいただけるだけで大変 光栄です。
どこまで続けられるかは分かりませんが応援よろしくおねがいします。
 
作画:クリムゾン
ラクガキみたいな絵ですみません。